OJTって何?OJTのポイントを教えます!




こんにちは。

経理マンです。

 

OJTって言葉の響きかっこいいですよね~

って思ってません。

 

実は経理マンは今までちゃんとした研修というものを受けたことが無いのです!

なんせ最初に入った会社がバスケットボールチームだったから。

 

今までの転職は全てOJT。

嘘じゃないよ本当だよ。

って事で今までOJTを通して学んできた

ポイントを紹介していこうと思います!




そもそもOJTって何?

はい、ポイントを語る前に

OJTについて少し解説しておきたいと思います!

 

OJTとは

【On the job training】の略です!

なにこれ、かっこいい!

って感じですよね。

簡単に言うと、

「実務を通してそこから仕事を学びましょう!」

非常に放任主義にして、なんかそれをかっこよく言ってみた的なやつだけど

いや、ちゃんと研修とかやって下さいよ。。

 

読んで字のごとくですね。

研修とかで仕事のやり方を説明せずに

いきなり仕事場に放りだされる訳です!

 

先輩「はい、これ、こうだから、こうやっておいて!」

経理マン「いや、あのこれは、、、、」

先輩「考えてみて!!!」

 

経理マン「、、、、考えて、、、みて、、、、!?!?」

考え方も分からねぇ、、、、

検討もつかねぇ、、、

 

みたいな。

 

そこで経理マンが鬼OJTから無事に生還した時の

ポイントをいくつかご紹介させて頂きます!

①疑問があったらとりあえず聞いてみる

まずは、放り込まれる前に

出来るだけ多くの情報を収集出来るように

努力しましょう!

 

これが非常に大事なんですが、

説明が終わって、仕事を始めた時に疑問が出てきても

非常に聞きにくい!!!

先輩が七福神みたいな、話のしやすい人なら

その場で聞いてみてもいいのですが

忙しい人で、常にせかせかしてる場合は非常に聞きにくい。

(七福神がどんなのかは分からない)

 

なので、放り出される前に

出来るだけ疑問点は解消しておきましょう!

ここでいかに情報を聞き出せるかで

その後の仕事が有意義になるか決まってしまうと言っても過言ではない。

②やってみて分からない時は、まずは自分で調べる

実際にやった時って、たぶんほぼ必ず分からない事があると思います。

でも、その時にすぐに先輩に聞くんではなくて、

まずは自分で調べてみる!!!

 

これが結構大事な事で、

確かに先輩に聞けば一発で答えが分かるかもしれない。

ただ、それだと定着しないし、クセになる。

 

自分で調べて覚えた事って

実は結構忘れにくかったりするんです!

なのでまずは聞く前に調べるクセを付けましょう。

 

それでも分からない時は、先輩に聞くのですが

ココが一番大切なポイント!

先輩に聞く時に、自分で調べた事を自分の考えとして先輩に言う。

その上で分からない事を伝え、何が間違っているのかを確認する。

たったこれだけで、先輩の評価が上がります!

すぐに聞きに来るよりも、まずは自分で調べる努力をする。

簡単なようで、実は意外と出来ていない人が多いんですよね~

 

意識してやってみましょう!

③報連相をしっかりする

社会人になったら、ほぼ確実に耳にするでしょう。

報連相。

報告・連絡・相談

の事ですね。

 

報連相については、また今度詳しく記事をかくとします。

 

何で報連相が大切かというと、

仕事を任せた側としては、その進捗がとても気になるのです。

今どのくらいまで進んでいるのか?

新しい業務を任せても余裕があるのか?

などなど

 

報連相を密に行っておけば、

常に忙しい先輩でも可愛がってくれること間違いなし!

④ちゃんとメモを取る

メモはかなり大事!!

1度やっただけの仕事後で全く同じように出来ますか?

少なくとも経理マンは出来ません!

なので、後で見返したときに、同じように出来るようにメモを取りましょう!

 

ちなみにメモを取るだけで、ちゃんと話を聞いてる感が出るので

おススメです!(笑)

 

メモを取るときは、

ノートでもいいし、PCのメモ帳でもいいし、

社内でチャットツールを使っていたら、それの自分のページ何かでもいいです。

自分が一番やりやすい方法をみつけましょう!




まとめ

いかがでしたでしょうか?

OJTって響きはかっこいいけど

実際放り出された側は分からない事だらけです(笑)

 

なので、

・いかに事前に情報を収集するか

・先輩に聞きやすい空気作り

・分かりやすくメモを取っておく

をしっかりと意識して仕事に取り掛かりましょう!

 

でも、実際OJTを数多くこなしてる

OJTマイスターの経理マンとしては

OJTだと結構覚える!

ってのが正直な感想です。

 

たしかに仕事してるときは、

「ちっ、ちゃんと教えやがれ」

とか思いながら仕事もするけど

実際に後で同じ事をやろうとしたときに

メモを少し見ただけで、簡単に思い出せる。

 

なので、とりあえずOJTを強いられた時は

めげずに出来る限りの事をやって

これを乗り越えたら自分は成長できる!って暗示かけながら

乗り越えていきましょう(笑)

 

ここまで読んで頂きありがとうございます!

経理マン

SPONSORED LINK






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です