月次決算の手順を現役経理マンが教えます!




こんにちは。

経理マンです。

 

ビジネスをする上で、必ずやらなければいけない事。

そう、決算です。

個人事業主の場合は確定申告ですね。

 

では、決算は1年に1回やればいいのか?

これは半分正解で半分間違えです。

 

たしかに非上場企業や個人事業主であれば年に1回の決算で法律的に問題ありませんが、その年1回の決算よりもっと重要な決算があります!

それが、「月次決算」!!

当ブログでも何回かお話させて頂いてますが、月次決算がとても重要なんです。

月次決算にはこのようなメリットがあります。

月次決算のメリット
・月次の損益を見える化出来る

・今後の経営の為の指標になる

・会計に強くなれる

・年次決算が楽になる

でも重要といっても実際には以下のような問題があると思います。

「自分で月次決算を締めたいけど手順が分からない!」

「月次決算は外注にお願いしてるけど、実際に何してるの?」

 

そこで今回は経理マンが実際に毎月行っている月次決算の手順をご紹介したいと思います!

会社によって違いはありますが、大まかな流れや手続きは大体同じです。個人事業主の方も応用出来ると思いますので見ていって下さい。

 

今の時代どんな職業でも月次の損益を正確に把握できる月次決算は必須と言っても過言ではありません。




まずは現預金を締める

最初は締めれる部分から締めるのが月次決算を円滑に進める上での鉄則です!

そして現預金はインターネットバンキング明細や通帳に全ての取引が載っており、確認が楽なので一番最初に締めます。

 

経理マンの考えとしては、現預金を全て会計ソフトに入力してしまえば、月次決算に1本太い幹が出来るイメージです!

なぜかと言うと、売掛金や買掛金、未払金などは最終的に現預金に紐づくからです。

 

現預金を全て完璧に入力しておくことで、前月以前に計上した分の残高が0になり(例外はあります。)確認するのが楽になるからです。

仮に、先に「売掛金/売上」などの仕訳を入力してしまうと、まだ回収していない売掛金と混在してしまい、後々の確認が手間になってしまいます。

残高を綺麗にする。という意味で現預金は最初に入れておくのが良いです。

カード明細を未払金計上

クレジットカードで買い物した場合は、その分を未払金に計上しましょう。

なぜかというと、7月にカードで買い物したものって大体8月に引き落としがありますよね?その間何も計上しないのでは、正確に期間損益計算が出来ません。7月に発生し(購入)した経費は必ず7月に入れなければいけません。

この1か月のタイムラグを補う勘定科目こそが未払金です。

 

なので、カード明細で対象の月に計上されているものをピックアップして、計上しましょう。

従業員の立替経費を未払金計上

従業員が立替た経費を精算するために未払金計上します。(あくまで自分のやり方です。)

そして次の給料のタイミングで一緒に支払います。支払のタイミングで未払金を取り崩します。

 

ただ、会社によっては、その場で現金精算という会社もあると思いますので、その場合は未払金を立てずに「費用/現金」という仕訳を切れば大丈夫です。

前払費用や未収収益などの振替

前払費用とは、「事前にお金は払っているけどまだ費用は発生していないこと」を言います。

未収収益とは、「すでに収益は発生しているが、まだお金は貰ってないこと」を言います。

 

例えば、年間払いモノって1年間分まとめてお金を支払うから、サービスも1年間分受けられますよね?

しかし月次決算ではこれを月ごとに計上する必要があります。これが前払費用です。

 

前払費用や未収収益に関しては、しっかりと事前に管理するシートを作成しておきましょう。そうでないと、人間の記憶だけで前払費用や未収収益を把握し続けるのは無理があります。

給与や法定福利費の計上

従業員の給与や法定福利費を計上しましょう。

給与は分かると思いますが「法定福利費って何?」と思いますよね?

法定福利費とは社会保険料や厚生年金など、従業員を雇う際に必ず加入しなければいけない保険類の事を指します。

 

自分の会社では、給与や法定福利費は対応部署の工数に応じて配賦(はいふ)していますが、あまり従業員がいないのであれば、工数管理はせずに人に紐づけて費用計上した方が簡便的でいいかもしれませんね!

売上や収益の計上

これは言わずとも分かりますね!売上の計上です!

現金商売をしている人は「現預金/売上」の仕訳を切り、

そうでない人は「売掛金/売上」の仕訳を切りましょう。入金時に「現預金/売掛金」の仕訳で売掛金を消します。

外注費や仕入れなどを計上

こちらもよくある仕訳です。


外注加工費/買掛金

広告宣伝費/未払金

支払手数料/未払金

etc…

などなど。

会社によってルールはあると思いますが、自分が勤める会社では

・原価=買掛金

・販管費=未払金

というルールで仕訳を切っています。

費用に関する仕訳の例はコチラも参考にしてください!

共通費用の配賦(はいふ)

先ほども配賦(はいふ)という言葉が出てきましたね。こちらも同じ事です。

共通費とはオフィスの家賃、全社で使っているソフト、減価償却費などがあげられます。

これらの共通費を部署の工数毎に按分する事で、部署ごとの正確な損益を把握する事が出来ます。

 

ちゃんと配賦を行って管理すれば「利益の出ている部署・損失の出ている部署」を把握する事ができ、健全な経営の手助けになります。

法人税の概算計上

上場企業では、様々な要件に当てはまる税金を支払う必要があります。

それを月次で概算計上します。

一般的に外形標準と言われるものですが、コチラはそのうち記事を書きますので、それまで詳しくはコチラを参照してください!

東京都主税局

計上漏れが無いかチェック

月次の全ての取引を入力し終わったら、最後に入力漏れが無いかをチェックしましょう!

意外とここで漏れを発見するケースがあります。

もちろん経理だけが見落としている訳ではなく、担当営業の売上申告が間違っているとか、取引先に請求書を発行し忘れているなどの、各部署の漏れが無いかも同時に確認します。

その為には、社内で使っているワークフローシステムを活用しましょう!

 

自分の場合は、社内のワークフローにて入力し終わった取引にはコメントで仕訳番号を残すようにしています。

そうする事で、後から見返した時にその取引をちゃんと会計ソフトに入力している事が確認出来るからです。




あとがき

今回は経理マンが実際に月次決算で行っている内容を例に、月次決算とは何か?と思う方へご紹介させて頂きました!

会社によって決算の方法は様々です。一概に正しい、間違えと答え合わせする事は出来ません。なのでいろいろなやり方を学んで試行錯誤し、最終的に自分に最も合った方法を見つけられるようにしましょう!

また、月次決算は月初から早ければ早いほど良いです。かなりスピード命でもあります。それと同時にかなり正確性を求められます。

自分に合った方法を見つけられた方は、次はその方法をいかに効率良くこなす事が出来るかに焦点を当てて、日々進化させる事に意識しましょう!

 

もし、もっと具体的に月次決算の方法を知りたい方はお問合せフォームから連絡頂けたら、個別でご連絡いたします!

基本的にお金は頂かず、アドバイス程度なら徹底的にさせて頂きますので、お気軽にご連絡下さい~!

 

それでは、ここまで読んで頂きありがとうございます。

経理マン

SPONSORED LINK






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です