元一人経理マンが語る!一人経理に求められる周辺領域の知識とは?




こんにちは

経理マンです。

 

一人経理をされていて、何か足りないと考えている方は多いのではないでしょうか?

しかし、一人経理だと周りに相談する人や教えてくれる人はいません。何も分からないまま手探りで、とにかく突き進んでいたら何年も経っていた、なんて事もよくある話です。

自分もスタートアップの一人経理を経験しているので、一人経理をしている人の気持ちは分かります。そこで今回は、自分が一人経理をしていてとても重要に感じた「一人経理に求められる周辺領域の知識」についてお話しようと思います。




中小企業は経理業務だけじゃない

経理では会社の規模によって求められる能力が変わってくる事がほとんどです。もっと言うと会社の規模が一緒でも、会社が違うだけで、求められる能力が変わってくる事だってあります。

特に中小企業経理と大企業経理では、全く違う能力が求められます。

中小企業経理では、経理担当者が1人もしくは少数である事がほとんどで、バックオフィスの人数自体が少ないです。その為、経理や財務の知識だけではなく、総務・労務・法務などを兼任するオールラウンダータイプの能力が必要になってきます。

 

一方で、大企業経理の場合は、経理部というものがちゃんと存在しており、経理部員の人数もそこそこいます。その為、何かの分野に特化して知識を深めたスペシャリストが多く存在します。

すごい会社だと、勘定科目ごとに担当者がおり、その勘定科目に関しては会計士よりも知識を持っている何てこともあるようです。

 

つまり、中小企業と大企業では求められる能力が全く変わってくるという事です。

求められる能力
中小企業:経理周辺領域の知識(オールラウンダー)

大企業 :特定の分野に関する深い知識(スペシャリスト)

周辺領域とは?

では、実際に周辺領域とはどんな知識が重要なのか?それは「労務」「法務」の2つだと経理マンは考えます。

これら2つは間接的に経理業務に関わる分野になっており、その知識を身に着けているのとそうでないのでは大きな差があります。それではその2つについて解説していきましょう。

労務

労務では、「社会保険」「給与計算」がとても重要になってきます。

「社会保険」=法定福利費、「給与計算」=給与、とそれぞれ直接的に損益計算書に関係する項目です。それぞれの仕組みを理解しておく事が、のちのち自分のキャリアアップにも繋がるだけでなく、自分の業務を円滑に進めるための重要な要素になる事は間違いありません。

これから一人経理の会社に転職を考えている人は、バックオフィスという大きいくくりの中で、これらの業務をやる可能性があるので、必ず知識を深めておきましょう。

法務

法務では、「自分の会社が提供するサービスに関する法的な知識」「契約書」の2つが重要な要素となります。

自社の提供するサービスに関する法的な知識とは、例えば経理マンの場合は、ゲーム会社に勤めているので「資金決済法」などがそれに当たります。自分の会社がどんなサービスを提供しているのかは自分が一番分かるのと思うので、それに関連する法律の知識を調べておきましょう。

次に契約書ですが、これは契約書の内容を理解する事です。

契約書の内容には、支払いの条件や契約期間など様々な情報が乗っています。全てを完璧に理解する必要はありませんが、ある程度の理解は必要です。Google検索で「契約書の読み方」と検索すればかなりの情報が出てきますし、本もたくさんあるので一度読んでみる事をおススメします。

その他

「知識を身に着ける」とはちょっと違いますが、一人経理の場合バックオフィスというくくりの中で、他にも様々な業務をする事が多いです。例えば、備品の発注や何かの手配、オフィス移転のやり取り全般、広報関係など。経理担当だから経理だけ!とならないように柔軟な対応力が人から評価される重要な要素となるので、オールラウンドに活躍出来るように常に準備しましょう。

一人経理に求められるのは総合力

上述していますが、中小企業の一人経理に求められるのはオールラウンダーである事です。

もちろん経理業務が最優先ではありますが、それだけではなくて労務・法務・総務など様々な事を器用にこなす事がとても大切になってきます。そうする事で周りの社員への影響力が強まり、会社にとってなくてはならない存在になります。

また、一人経理でもっとも恐ろしいのが、業務が属人化してしまう事です。業務が属人化してしまうと、担当者が休んだ時とかの緊急対応が出来なくなってしまいます。なので属人化を防ぐために、普段から業務のマニュアル化をする事をおススメします。

業務をマニュアル化しておく事は、自分が退職する時の引継ぎ資料の作成を最低限で済ます事が出来るといった点でもおススメです。




あとがき

今回は経理の周辺領域についてお話させて頂きました。

周辺領域と言っても多岐にわたる事が多く、今回紹介した事が全てではありません。他にもっと重要な事もあるかもしれません。それは会社によって違いますし、その時々によって違います。

今自分が会社から何を求められているのか?とか、自分は今後どうしていきたいか?など、今後の自分のキャリアプランを考えた時に、どういった選択が一番最適か考えるようにしましょう。

また、一人経理でも、経理交流会などのイベントに参加する事で他社の経理がどんな事をしているのかなどを知る機会は十分にあります。そういった機会を有効活用する事で、今後のあなたのキャリアプランに役立つ事は間違いありません。

 

ここまで読んで頂きありがとうございます。

経理マン

SPONSORED LINK






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です