上場企業で働き始めてから読んだ本をご紹介します!




こんにちは。

経理マン(@keiriman12)です。

 

みなさん、本は読んでいますか?

本を読むと、語彙力や文章力が身についたり、コミュニケーションが上手になったりとメリットがめちゃくちゃあります。

自分の仕事の分野の本を読む事で、さらにそれに関する知識が増えたりと、とにかく読書はメリットだらけ!

 

もちろん経理マン自身も本を結構読みます。

それこそビジネス書だったり、純粋な文学だったりとジャンルは様々ですが、

今回は、自分が上場企業に転職してから読んだ本を紹介出来ればなと思います!

 

これから上場企業経理に転職する方や転職を考えている方に、少しでも参考になれば幸いです。




実務系の本

内容は結構固めですが、実務ガイドと言っているだけあって、実務に沿った内容の記載をしてくれています。とりあえず教科書として1冊持っていてもいいかもしれません。

中小企業⇒上場企業の転職で初めて四半期決算を経験する事になったので、この本は非常に為になりました。

 

ただ、内容が少し難しい内容で図解とかもあまりないので、文字が苦手な人はかなり眠くなると思います!

どうして実用書ってこんなに難しく感じてしまうんだろう、、

 

こちらも上記と一緒で、中小企業⇒上場企業の転職で初めて連結決算をするという事で購入。

内容は図解での説明が多くて非常に分かりやすかったです。

これは上記とは打って変わって非常に読みやすい内容でした、これなら文章が苦手な人もスラスラ読めるだろうな!って感じです。

また、目次がわかりやすく分かれており、後で個別に論点を確認したい時に重宝しています。

他社事例系の本

他社事例とかが載っている本が結構好きでよく買うのですが、この本も他社事例を使って分かりやすく決算書について学ぶことが出来ます。

ただ、自分の場合は読んでいるうちに「なんかちょっと違うな」と思ってしまったので、純粋に決算書について学びたい人にはオススメ出来ないかもしれません。

内容自体はユニークで独自の目線を持っているので面白いです!

こんな目線もあるんだなあ。新しい考え方だなあ。と呼んでいて勉強になりました。

その他ビジネス書

ブログ関連で購入した本です(笑)

本業とは一切関係ありませんが、SEOを勉強したいと思って買いました!

 

こちらもブログ(笑)

以前から興味はあったのですが、ずっと読んでおらず、たまたま立ち寄った本屋に置いてあったので購入!

「そこには人生が詰まってました 」(26歳男性会社員)

純粋な文学(小説)

そしてこちらは純粋な文学ですね。

しばらくビジネス書ばかり読んでいたので、こういった純粋な小説は久しぶりでした。

でも、やっぱり面白い!!

普通の小説って物語だから入り込んじゃってグングン読んじゃうんですよね。

 

この小説を簡単に説明すると、

主人公の女の子や周りの登場人物の思い。過去の出来事とは。。

そして喜多嶋先生のやさしさ。(喜多嶋先生が現実にいたら確実に惚れる)

オオカミ様とは、いったい、、、

 

非日常的な城で繰り広げられるヒューマンドラマに胸がアツくなります。

そして、結末に誰もが驚き涙する。




まとめ

やはり新しい環境に身を置く上では、その新しい環境に適応できるよう知識を付けなくてはいけませんね。自分は勉強があまり得意ではないので、その都度必要な事の本を読んで勉強するようにしています。

勉強だけではなくて、本からは様々な事を吸収できるので、みなさんも積極的に本を読んで人生を豊かにしていきましょう!

 

個人的にはビジネス書ばっかり読んでても何か飽きてくるので、たまに小説を読む事をおススメします。

ストーリーがある読み物ってやっぱり人を感動させる。それだけ文章や言葉には力がありますね。

 

ここまで読んで頂きありがとうございます。

 

経理マン

SPONSORED LINK






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です