経理って頭良いと言われる現象について考えてみた




こんにちは。

経理マン(@keiriman12)です。

 

いきなりですが、

私は、どちゃくそ低学歴です。どちゃくそという言葉がこの世に存在するかは知りませんが、それくらい低学歴だという事をまずみなさんにお伝えしておきたかったのです。

さて、みなさん。

こんな現象を体験した事はあるんじゃないでしょうか?

経理やってますと言うと絶対に頭が良いと言われる。

(こんな顔して妄想してます。すみません。)

 

なぜ、大して面識もないのに、頭が良いと言われるのか。

はたして頭がいいとは何なのか。

 

その心理にについて今回は掘り下げていこうと思います。




経理=頭が良い、と思われるのはなぜだろうか?

経理マンとしては、このイメージはとても嬉しいです。ぜひ全世界の人たちが共通の認識でありますように。と思うと共に何でその様な印象になるのだろうか。

 

たしかに、自分でも事業側の部署より多少は頭良いと思ってます。(各所から怒られそう)

でも改めて考えると、何でそう思ってんだろう?

それについて少し考えてみよう。

①数字を1円単位でズレなく管理するから

⇒経理を知らない人でもこれくらいは知ってると思いますが、1円のズレは許されません。

開示の時は銭のくらいで注意して数字を見ています。それくらい神経を集中させます。おそらく世間のイメージでも多少なりとも同じ認識だと考えています。

なので

1円もズレない⇒とても計算が大変そう⇒頭良い

となるのではないでしょうか。

②会計の知識を有しているから

⇒会計の知識って終着点が無いくらい難しくて深いです。税法も定期的に改訂されて、勉強が終わる事はありません。

そして会計士・税理士と言えば、頭良い人の代表みたいな感じですよね。

なので、会計の知識を持っている人は頭が良いと思われるのではないか?

③決算書とかBS,PLってなんか難しそうだから

⇒誰しもが一度は聞いたことある、決算書、BS、PL

でも実際にこれが何かをちゃんと理解している人はそう多くは無いのでは?

なぜなら、内容が数字ばかりでよく分からないから。そんな内容を理解している経理部の人は頭が良いと思われているのだと思います。

「勉強出来る頭良い」と「仕事が出来る頭良い」は違う

さてさて、自慢話みたいなのが続いてしまいましたが、

ひとえに「頭良い」と言っても、2種類の頭良いがありますよね?

①勉強が出来る頭良い

②仕事が出来る頭良い

 

ちなみに自分で言うのもあれですが、経理マンは圧倒的後者です。

だって高校の偏差値43だよ?地域屈指のバカ学校でした。

※注:自分が頭良いとは思って無いです。

 

それではそれぞれの「頭が良い」って具体的に何が違うのか?

 

経理マンはこう考えます。

・勉強出来る頭良い=知識や記憶力が優れている

・仕事出来る頭良い=ロジカルシンキングに優れている

 

結局勉強っていうのは、どれだけ知識を蓄えて試験の時にそれを発揮できるか?という事だと思います。

好きな分野で驚異的な知識量を誇る人が結構いますが、そういった方もそれの使い方が悪ければ、ただの物知りさんで終わってしまいますね。

 

一方、ロジカルシンキング(合理的な考え方)が出来る人は、今の状況で何が必要か?どうすれば自分の強みを生かせるか?といった、論理的思考が出来ます。

この思考こそ、仕事の現場では大事になってきます。地頭が良いってゆうやつですね。

学歴なんて仕事をする上では大して意味を持たない

これね、声を大にして言いたいです。

上述しましたが、こんな低学歴人間でも上場企業の経理として仕事出来ているんです。

確かに学歴があるに越した事はない。ただ、たとえ東京大学を卒業したとしても、社会に出てしまえば、そんなものは過去のステータスの1つであり、実際に上司が気にするのは、仕事が出来るかどうか。って事です。

 

過去の栄光にしがみついているんだったら、そんなもの捨ててすぐにロジカルシンキング出来るように癖をつけましょう。

 

学歴は学歴で素晴らしい事だし、誇りに思っていいと思いますが、社会ではそれだけでは生きていけないのも事実。

いろいろなものを吸収して成長していく気概が大切ですね。

結論

話がだいぶそれましたが、

なぜ経理は頭が良いと言われるのか、

 

それは、、、

 

 

経理って言われると、麻生太郎みないな人をイメージするから。

うん。麻生太郎って中堅企業の経理課長みたいな顔だなって前々から思ってたんだよね。

ほら、頭良さそうでしょ。麻生さんって

 

(※万が一結論を期待して見ていた方がいましたら、心よりお詫び申し上げます。)




まとめ

結局、経理でも頭悪い人は悪いし、突き抜けて頭良い人もごろごろいます。

 

ただ、すでに社会人になってしまった人に言えるのは、今更学歴を求めるよりも、いかに仕事を効率よくこなすか。を考える方が、はるかに生産性が高いという事です。

みなさんも現状に満足することなく、どこまでも成長していけるような社会人生活を送りましょう。

 

経理マンも常に向上心を忘れずに、日々頑張っていきます。

 

ここまで読んで頂きありがとうございます。

 

経理マン

SPONSORED LINK






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です