経理部にも影響あり!?今更フィンテックについて調べてみた。




こんにちは。

経理マンです。

 

やっとこそさ、期末監査と開示資料の作成(短信と招集通知だけ)

の作成が終わって一段落しました。

ただ、これから月初の月次決算があるんですけどね、、、

忙しさを知りたいという方はこちら!

 

 

さてさてみなさん「フィンテック」という言葉は聞いた事ありますか?

正直経理マンもあんまり知りませんでした。

 

簡単に言ってしまうと

金融とテクノロジーの融合した言葉なんです!

 

なんだそれは!?

って感じですが、意外とみなさんも知らずに使っているんです!

 

ではそれを見ていくのと

それが今後経理の仕事にどう関係があるのかを

経理マン的な視点で紹介していきたいと思います!




フィンテックってなに?

冒頭でも述べましたが

金融(financial)とテクノロジー(technology)

が融合した造語の事をフィンテック(financial technology)といいます!

 

なかなか考えましたね(笑)

ファイナンシャルテクノロジーってかっこいい!

具体的にフィンテックってどんなものがあるの?

実際フィンテックって何があるの?って感じですよね。

なのでちょっと調べてみました!

かなり身近なものから、普通の人は関係無いものまで

幅広くあるんですね~!それではどうぞ!

①モバイル決済

これは皆さんもかなり多く使っているでしょう!

スマフォからのモバイル決済です!

スイカやクイックペイなど、実際に経理マンもコンビニとかで

お財布を出すのがめんどくさい時にスマフォでピッと支払いしちゃいます!

 

これはたしかに初めて聞いた時はびっくりしましたね!

「携帯で支払いができるの!?」

「うわっ!なにこれかなり便利じゃん!」

って感じでした。

 

そう!

フィンテックっていろいろと世の中の事を便利にしている

とても素晴らしいものだったのです!

日本は印鑑社会で、銀行では100%印鑑が必要ですよね?

でもこれからそれが不要になる時代が来るかもしれません。

そう考えるとフィンテックってとても有意義で

今後確実に必要になってくる分野だという事が分かります!

②クラウド会計簿&会計ソフト

これは会計簿の自動化ですね。

実際家計簿をつけてる人は分かると思うけど

かなりめんどくさい!

でもそれが自動で出来たらどうでしょうか?

銀行口座やクレジットカードを連携しておくだけで

自動取り込みで食費や消耗品を振り分けて家計簿を作ってくれる。

とっても便利ですね!

実際マネーフォワードなんかが有名なあところでしょうか?

 

企業向けの会計ソフトでも実はこのサービスを導入してるんですよね!

それも有名なのがマネーフォワードやfreeなど。

ただ、企業向けの会計ソフトに関しては、正直まだ導入するほどの精度の高さは無いですな。

単純な会計簿と違って、企業向けの会計ソフトとなると

勘定科目が細かい!なのでまだまだそれの振り分けが甘く

取り込んで自動で振り分けた後に人の目で見てチェックする必要がある。

 

でも、この企業向けの会計ソフトがもっと進歩して精度が上がれば

企業の経費削減に大きな影響を与えてくるんじゃないかと考えられますね!

③クレジットカードの一本化

これ見た時にすごいなー!と思いました。

だってたくさんあってお財布を分厚くしている

クレジットカードを一つに出来るんですよ?

とても最先端な感じがしますよね!

 

と思うと同時に

セキュリティ面で課題がありそうですよね。

 

落としたら終わりじゃね、、、?

なんて。

 

その辺がクリアになれば

かなり画期的な事だと思うので、ぜひ頑張って欲しいと思います!

(なんか偉そう笑)

経理部には影響あるのか?

さてさてフィンテックが進歩したら気になるのが

経理部に影響があるのか?って事なんですが、

結論からいうと景況はあると思います!

 

じゃあどう影響があるんでしょうか?

それはズバリ作業部分での工数削減でしょう!

 

今の会計ソフトって全て自分で入力するのです。

勘定科目、金額、内容、取引先、などなど、、、

これって実際かなり時間掛かるんです!

 

だから月初が忙しいんだよ!!!

うう、もう月初だ、、

はっ!いかんいかん負のオーラが。

 

フィンテックが進歩する事で

自動入力の精度が上がれば、毎月自動で入力が進み

経理部員の入力する作業の大幅削減に貢献すると考えています!

 

だからといって経理部の仕事が無くなる訳ではないですよ?

経理の本質って考える事だと思うんですよね。

会計方針や仕訳の処理、会社内の仕組み、会社の今後の事など、

今の経理って実は作業部分が多すぎて

この考える部分が出来ていないのが実情だと思います。

 

フィンテックが進歩する事で

各企業の経理部が本当の経理部になる事が出来ると思います。

より質の高い経理部になるためにも

フィンテックの更なる発展が求められますね!

金融庁もフィンテックに前向きな姿勢!

これが今日本でフィンテックが進んでいる何よりの証拠でしょう!

ブロックチェーンといわれる技術を利用して

銀行での取引をより簡便にしようとする実証実験が行われるようです!

 

今ってみずほ銀行に口座を持っていても

他の銀行で新しく口座を作ろうとしたら

同じような手続きをまたやらないといけないですよね?

 

正直言ってか・な・り!めんどくさい。

似たような用紙に住所氏名年齢利用目的などを書いて印鑑を登録して、、、

 

ただ、上記で述べた実証実験が上手くいけば

一度どこかの銀行で登録を済ませておけば

他の銀行での新規口座開設が楽に出来るようになるとの事!

 

これってかなり便利だな~

経理マンとしても早く現実になって欲しいと思うばかりです。




あとがき

簡単に紹介してきましたが、フィンテックっていかがでしたか?

フィンテックが進むととても便利な世の中になる事が

容易に想像できますね!

実際、スマホでの決済やネットバンキングなど

以前に比べたらかなり便利になっています!

 

また金融庁が実証実験をするなど

日本でもフィンテックを熱心に取り入れている事がわかります。

 

経理マンはこれからもフィンテックに注目して

随時その情報を発信していけるように、備えていきたいと思います!

 

何よりも月次決算がもっと早く終わるように

フィンテックが進歩して欲しいですね(笑)

 

 

ここまで読んで頂きありがとうございます。

経理マン

SPONSORED LINK






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です