資本欠損と債務超過の違い知ってますか?微妙な違いについて解説します!




こんにちは。

経理マンです。

 

経営者であれば赤字になる事は避けたい事態だと思います。でも、果たして損益計算書の赤字だけを気にしていればいいのか?

答えはもちろんNO!だと思います。

赤字はビジネスをしていれば確かに気になるかもしれませんね。でも一時的な損益よりももっと気にした方がいいのが貸借対照表です。一般的にはB/Sとも言いますね。

 

そこで今回はタイトルにもあるように、貸借対照表で知っておいてもらいたい、『資本欠損』『債務超過』それぞれについて、ご紹介したいと思います。




そもそも何で貸借対照表が重要なのか?

上述した通り、ではなぜ損益計算書よりも貸借対照表が重要なのでしょうか?

 

それは、その企業の本当の力が貸借対照表には記載されているからです。もちろん損益も大事なのですが、本質として重要視すべきなのは貸借対照表だと経理マンは考えています。

貸借対照表からは様々な情報が読み取る事が出来ます。

情報の内容についてはコチラの記事を参考にしてください。

その他にも、ROEや売上債権回転期間など、様々な情報を読み解く事が出来ます。

 

目先の利益の確保はビジネスをする上でとても重要な事ではありますが、本質を理解し経営戦略を行う事こそが経営には本当に必要になってくるのではないでしょうか?

その為にも貸借対照表から読み取れる情報というのは非常に大切になってくるのです。

資本欠損とは?

資本欠損とは、会社の純資産額が、資本金と法定準備金(資本準備金と利益準備金を足した額)との合計額を下回った状態。

大まかに、純資産の中は資本金資本剰余金利益剰余金に分かれています。(厳密には他にもいろいろ項目はありますが、簡便的に。)

つまり上記の説明を踏まえると、利益剰余金(PLの最終損益)がマイナスであったために、純資産額が資本金+資本剰余金の額よりの低くなっている状態。という事です。


純資産額:40,000円

内訳

資本金:25,000円

資本準備金:25,000円

利益剰余金:△10,000円

債務超過とは?

債務超過とは負債総額が資産総額を上回ってしまう状態の事を言います。

一般的に資産を全て売却しても負債をすべて返済する事が出来ない状態と言われています。

純資産がマイナスになっており、資産額よりも負債額の方が大きくなっていますね。この状態が債務超過です。

債務超過では様々なリスクがあり、倒産のリスクはもちろんの事、銀行からの借入が出来なかったり、上場廃止になったりと、どれをとっても企業としては死活問題です。

資本欠損と債務超過の違いとは?

基本的にはどちらも良くない状態である事は間違いないです。

資本欠損の状態がさらに悪化したものが債務超過になるので、資本欠損が起こっている段階で早めの対処を行う事が求められると思います。

明確な違いはその危険度にあると思います。

正常 < 資本欠損 < 債務超過 

この順番で危険度が増している為、区切りの良いタイミングで貸借対照表を見直してみる事をおススメします。

債務超過になる前に手を打ちましょう。




あとがき

今回は簡単に資本欠損と債務超過についてお話させて頂きました。

このような財務諸表から読み取れる情報というのは、簡単ながらとても重要な情報が多いです。普段から自分の会社の財務諸表や試算表などを意識して見る癖をつけるといざという時に役に立ってくれると思います。

会社が倒産してしまう前に常日頃からリスク管理を意識しましょう!

※今回は話を簡潔にするために、いくつか簡便的にご説明しておりますのでご了承下さい。

 

ここまで読んで頂きありがとうございます。

経理マン

SPONSORED LINK






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です